株式会社ジオ技術研究所

商品紹介

  1. ホーム
  2. 商品紹介

Walk eye Map

独自に開発した高精度の3次元デジタル地図の作成技術「D3DG:Digital 3 Dimension Generator」による、
歩行者やドライバーの視点に立ったリアルな3次元デジタル地図データです。
CGとしての「絵」ではなく、地図としてデータを作成していますので、2次元地図や様々なデータとの連携が可能です。

Walk eye Mapの構成要素

広域作成部
広域作成部

ゼンリンの2次元地図情報を使ってソフトウェア処理中心に作られた疑似モデルで、広域なデータの提供が可能です。

リアル交差点情報
リアル交差点情報

独自に開発した特殊調査車両(タイガー・アイ)にて収集した景観・建物の画像情報、建物の形状情報、緯度経度情報より制作。

詳細はこちら

GAREM

新たなナビゲーションシーンの創造をサポート

3次元デジタル地図の最適レンダリングを実現するために開発した、当社オリジナルテクノロジー「GAREM」による、ナビゲーション向け3次元デジタル地図レンダリングミドルウェアです。
カーナビゲーションシステムのカメラワークに特化した独自の事前処理を行うことで、限られた機器環境の中でも最大のパフォーマンスで動作するレンダリングを実現します。
3次元地図レンダリングに必要な機能をSDKとして提供するため、3DCG技術に不慣れな開発者でも短期間で簡単に製品に組み込むことが可能です。

※GAREMは株式会社ジオ技術研究所の登録商標です。

詳細はこちら

WAREM

地図アプリケーション(ナビゲーション・GIS)を
よりリッチに

2次元地図を3次元地図化して描画するデジタル地図レンダリングミドルウェアです。
独自技術(特許4件)により、2次元地図を俯瞰して3次元的に見せることが可能で、人間の目線により近づけた地図表現を実現します。
お客様が開発する地図アプリケーション(ナビゲーション・GIS)上で動作するため、開発コストを最小限に抑えることが可能です。

※WAREMは株式会社ジオ技術研究所の登録商標です。

詳細はこちら

Pegasus eye Map

「デバイスを選ばない広域3Dマップ」をコンセプトに、ロースペックな機器でも手軽に導入でき、従来の地図では表現できない街の雰囲気や色、形、地形の起伏を表現した3次元デジタル地図です。

Pegasus eye Map for 3D

Pegasus eye Map for 3D

Pegasus eye Mapをベースに、立体視にも応用できる地図コンテンツとして開発したものです。 3次元地図と立体視可能なハードウェアとの組み合わせにより、建物の高さ、道路の高低差を直感的に把握でき、また地図表記としての文字・記号にも立体視を利用した表現を行うことで、認識のしやすさを実現しております。

Pegasus eye Map for AR

Pegasus eye Map for AR

ゼンリンの持つ地図情報を、3次元デジタル地図を利用して最適化を行い、現実と情報をより特定し易くしたAR コンテンツです。
当社の3次元デジタル地図を利用することで、ある視点から見えている地物の情報に絞り込むことが可能です。この絞り込んだ情報を現実世界の中に配置することで、見えている地物に対する情報だけを表示することが可能となります。

※Pegasus eye Map for ARは特許出願中です。
※Pegasus eye Mapは株式会社ジオ技術研究所の登録商標です。

詳細はこちら

商品紹介Walk eye MapGAREMWAREMPegasus eye Map

ページのトップへ