株式会社ジオ技術研究所

Walk eye Map

  1. ホーム
  2. 商品紹介
  3. Walk eye Map

Walk eye Map(ウォークアイマップ)

赤坂

独自に開発した高精度の3次元デジタル地図の作成技術「D3DG:Digital 3 Dimension Generator」による、歩行者やドライバーの視点に立ったリアルな3次元デジタル地図データです。

CGとしての「絵」ではなく、地図としてデータを作成していますので、2次元地図や様々なデータとの連携が可能です。

また、データソースとして、ゼンリンの2次元デジタル地図を使用することにより、広域なデータの提供、豊富な属性情報とPOI(Point of Interest)情報との併用が可能になりました。

独自開発した技術

独自開発した技術

データ収集方法

ジオ技術研究所が独自に開発した計測機器を搭載した専用車両(タイガーアイ)を使用して、データ(位置情報・テクスチャ)を収集します。

リアルな形状モデル

専用車両(タイガーアイ)により撮影された映像から、リアルな形状・テクスチャをもった交差点情報を再現します。

ベースはゼンリンの2次元デジタル地図

ベースはゼンリンの2次元デジタル地図

ひとつひとつの建物に属性情報を関連づけることにより、GISなど幅広い分野で活用ができます。さらにゼンリンの道路地図ともリンクしており、ナビゲーションシステムにおける経路探索、渋滞の情報表示も可能です。

2次元デジタル地図
2次元デジタル地図

緻密でリアルな表現力

緻密でリアルな表現力

建物壁面の柄や質感、出入り口や駐車場、道路標識まで確認できます。
実際の撮影画像を利用するため、緻密でリアルな表現をもった3次元デジタル地図を作成できます。

独自のデータ収集方法「タイガーアイ」

各種センサーと全方位360度カメラを搭載した特殊調査車両(タイガーアイ)を開発。市街地を走り、景観・建物の画像情報、建物の形状情報、緯度経度情報などのデータを収集・計測することで、歩行者やドライバーの視点に立ったリアル感のある3次元デジタル地図を作成します。

タイガーアイ
各種センサーと全方位360度カメラ

各種データ形式に対応

独自で開発した「ジオ交換フォーマット」や様々な形式でデータの提供が可能です。

提供形式

・ジオ交換フォーマット
・CG利用形式(3ds Max形式 他)
※3ds Maxについては無償で変換プラグインを提供
その他データ形式については別途相談ください。

提供媒体

・CD-ROM ・DVD ・ポータブルHDD

整備エリア

東京23区・大阪市の全域及び、全国政令指定都市(19都市)の中心部
札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、川崎、相模原、新潟、静岡、浜松、名古屋、京都、大阪、堺、神戸、岡山、広島、北九州、福岡、熊本
※更新は年1回行っております。

整備エリア

Walk eye Mapの構成要素

広域作成部

ゼンリンの2次元地図情報を使ってソフトウェア処理中心に作られた疑似モデルで、広域なデータの提供が可能です。

構成要素

リアル交差点情報

独自に開発した特殊調査車両(タイガー・アイ)にて収集した景観・建物の画像情報、建物の形状情報、緯度経度情報より制作したデータです。

リアル交差点情報

適用可能事例

都市計画などの各種GIS、景観・建築シミュレーション、カーナビゲーション(立体交差点やジャンクション拡大図など)などに利用できます。

カーナビゲーション
カーナビゲーション

ドライバーや歩行者視点での画像を表示するためより現実に近い案内が可能になります。
(提供:株式会社ナビクエスト)

景観・建築シミュレーション
景観・建築シミュレーション

都市計画など、各種GISへの適用が可能です。
(提供:株式会社インフォマティクス)

不動産関係
不動産関係

マンションの設計、眺望シミュレーション、道案内としての利用が可能です。

よくある質問

商品紹介Walk eye MapGAREMWAREMPegasus eye Map

ページのトップへ